通貨ペアの特徴を知ろう

トレード戦略を学ぶ

USDJPYの特徴

USDJPYは世界において取引量が2番目に多い通貨ペアです。他の通貨ペアの値動きにはほとんど左右されないのが特徴ですが、米国の政治経済には影響を受けやすくなっています。そのためFRB総裁の発言やアメリカ大統領の制作発表などは常に注目しておくと良いでしょう。

またJPYは近年の金融危機の中で安全資産と見なされており、リスクの回避として円が買われる傾向にもあります。そのため世界情勢にも影響を受けやすくなっているのでUSDJPYで取引をする際には世界のニュースにも気を配っておくと良いでしょう。

しかしUSDJPYは取引量が多いということもあり、数ある通貨ペアの中でも値動きが比較的緩やかであることなどから取引経験の少ない初心者にもオススメ。投資初心者であればまずはUSDJPYで取引に慣れると良いでしょう。

・EURUSD(ユーロ/米ドル)の特徴

米ドルとユーロは全体の3分の2の流通量を誇る2大通貨です。数ある通貨ペアの中でも最も取引量の多い銘柄となっています。米ドルが安くなるとユーロが買われるため、米ドルとユーロは相関関係にあるといわれています。

また取引量が多いということはそれだけ多くの市場に参加している人の心理が現れる相場であるといえます。世界でトップクラスの国のペアの通貨ですので景気の向上や悪化に敏感に反応するという特徴もあり、テクニカル分析で予測しやすい動きをするという特徴も持っているのです。

EURUSDで取引をするという人は夕方以降がオススメです。この時間帯はロンドン市場やNY市場が開場し始める時間帯なので、EURUSDの動きが活発になります。日中は仕事をしているという方にとってはゆっくりと取引できるのオススメです。

・EURJPY(ユーロ/日本円)の特徴

EURJPYはUSDJPYの次に日本人に馴染みのある通貨ペアでしょう。ユーロは米ドルと同じように経済指標やニュースが非常に豊富なため、経済動向的に読みやすい通貨ペアです。

またEURはUSDの避難通貨として売買されることが多く、USDJPYのチャートと反対の動きをする傾向があるといわれています。しかしEURUSDの影響も受けるのでUSDJPYが上昇していてもEURUSDが下落していた場合はEURJPYは上昇しない可能性が高いのです。

またEURJPYで取引をする際にはEURの中でも最も経済力を持っているドイツの経済指標が大きな影響を及ぼすこともあるので、ドイツの経済指標についてもチェックしておくと良いでしょう。

・GBPUSD(英ポンド/米ドル)の特徴

GBPUSDは世界で3番目に多い取引量を誇る通貨ペアです。メジャーな通貨の組み合わせですが、ポンドは金融業が盛んで大きな金額でポンドを使ったトレードをする人が多いため、1度の取引で多くの資金が動くこともあるので値動きが激しくなる事もあります。

しかしこの値動きの激しさはバイナリーオプション経験者の方に人気が高く、好んで取引をするという投資家もいるようで、バイナリーオプションの短期取引では選択されることもしばしばあります。

また日本時間の23時~1時までの時間帯はドルとポンドの市場であり、世界三大市場のうちの二つであるNY市場とロンドン市場が同時に開場している時間帯です。1日の時間で最も取引量が多くなるのでその分トレンドが発生する可能性もあるので就寝前に少し取引を行うのも良いでしょう。

・GBPJPY(英ポンド/日本円)の特徴

GBPJPYは値動きの激しい通貨ペアとしても有名な通貨ペアです。GBPはかつての基軸通貨であり、EURが導入されるまでは勢いのある動きをする通貨ペアでもありました。1日でもかなりの値動きがあるので、初心者にはハードルの高い通貨ペア。

GBPの値動きが激しい理由としては、海外よりも国内での取引が主なので市場での流動性が低いため値動きが荒くなるのが特徴です。そのためこの激しい値動きを好んで取引するという投資家もいます。

GBPは英国の政策金利の発表に敏感で経済指標における発表内容次第で大きく値動きが発生することもあるので、バイナリーオプションの取引ではチャンスとなるでしょう。

・AUDUSD(豪ドル/米ドル)の特徴

AUDUSDはAUDと組み合わせた通貨ペアの中では最も取引量の多い通貨ペアです。EURUSDやGBPUSDに比べると値動きは緩やかですが、中期的な下降トレンドに陥る事もあるので注意が必要。

AUDは中国との資源貿易関係が深いという理由で人民元に代わって取り上げられるケースが多くなっているので上海市場が急落という状況になると人民元を売る代わりにAUDUSDが売り込まれるという反応を見せることがあります。

そのため日頃から経済指標や中国経済の状況などを掴んでおけば十分に対応できる通貨ペアともいえるでしょう。

・AUDJPY(豪ドル/日本円)の特徴

AUDJPYは日本人トレーダーに意外な人気を誇っています。その理由がAUDが資源国通貨で高金利な上にニュースなどのメディア情報の影響を受けやすく、分析しやすい通貨であるからでしょう。

また政治的にも安定しており、オーストラリアの資源が豊富であるため原油の上昇などの影響を受けにくいという特徴もあります。そのためJPYと同じようにリスクの低い通貨と言われているのです。

他にもAUDは市場の規模が小さく、相場が急激に動くという傾向もあるためバイナリーオプションの短期取引では利益が得ることができるでしょう。