国内バイナリーオプションにおける規制について

バイナリーオプションってなに?

バイナリーオプション取引を行う上で知っておきたいことの1つが、バイナリーオプションにおける規制についてです。

実は国内では現在、バイナリーオプション取引に関する様々な規制が設けられています。

この記事では、バイナリーオプションにおける規制とはどのような内容なのか、規制によってどのような影響があるのかについて解説します。

規制の内容やその影響を把握することで、今後の取引の参考にしていただければと思います。

バイナリーオプションにおける規制内容

画像2

2011年には日経新聞にも取り上げられ、注目を集めていったバイナリーオプションですが、2013年に自主規制の導入が行われたことにより、国内業者は大きな見直しを迫られる展開となりました。

主な規制内容は次の通りです。

・超短期取引の禁止

規制の柱となったのが、取引期間についての規制です。

それまでは超短期取引が可能であり、予測がしやすく、すぐに結果が分かることがバイナリーオプションのメリットとなっていました。

しかし、取引開始から5分後、10分後を予測するといった極めて短い期間の商品の販売が禁止され、1回の取引において最低でも2時間以上経たなければ結果が出ない仕組みとなりました。

また、判定時刻の間隔を2時間以上開けなければならなくなったため、ユーザーは以前より頻繁に取引することができなくなってしまいました。

・払い戻し倍率が変動制に

規制前は「予想が当たれば、購入金額の約2倍の払い戻し」といったようなシンプルなルールでしたが、規制後は、相場の変動幅に合わせて払い戻し額が変動する仕組みとなりました。

つまり、相場が単に上がるか下がるかだけではなく、どの程度上がるか下がるかまで考慮しなければならなくなりました。

・業者による総取りの禁止

取引において、バイナリーオプション業者がユーザーの投資金をすべて回収する「総取り」が禁止され、相場が上がっても下がってもユーザーが利益を得られない「レンジ外」という設定ができなくなりました。

・売値と買値の提示

ユーザーが取引をキャンセルする際の価格を把握できるように、売値と買値の両方を提示しなければならなくなりました。

・取引開始時のルール設定

一定の投資経験があり、知識確認テストに合格しなければ、取引を始めることができなくなりました。

これらの規制の内容をまとめると、利用者の安全性が重視された一方で、「シンプルで分かりやすい」「短期間で利益を狙える」というバイナリーオプションのメリットが損なわれてしまったと言えます。

規制がかけられた理由

画像3

このような規制はなぜ導入されたのでしょうか。それは、国内にてバイナリーオプション取引が急増するにつれ、投機性が高いとの批判が出始めたためです。

確かに、バイナリーオプションはルールが分かりやすいことに加え、最低100円程度から投資を始められるといった手軽さが受け入れられていました。

一方で、その手軽さゆえに取引にのめり込み、損失が膨らんでしまうといったリスクが指摘されていました。

そのため、金融商品としての安全性を高めることや、利用者保護を図ることを目的として、金融先物取引協会が自主規制に乗り出したのです。

バイナリーオプションの問題点を見直すことで、市場を健全に発展させたいとの狙いからルール作りが進められたという訳です。

規制後は海外バイナリーオプションを選択するべき理由

画像4

以上のように国内で様々な規制が設けられたことで、バイナリーオプション取引においては海外業者を選択すべき状況となったと考えられます。

・多くのユーザーが海外業者へ流れた

規制導入によって、それまで国内業者で取引を行っていた利用者の多くが、海外業者へ口座を移行させました。海外に拠点を置く業者であれば、日本の規制の影響を受けずに取引を行うことができるためです。

規制後の国内業者は、「判定期間が2時間未満の取引ができない」、「1日に多くの取引ができない」、「払い戻し倍率が変動制である」ことなどから、利益を上げにくく、分かりにくくなったと言われています。

反対に、海外業者は「最短30秒の判定期間で取引できる」、「1日の取引回数に制限がない」、「払い戻し倍率は約2倍である」ことなどから、利益を上げやすく、分かりやすいという点がユーザーに受け入れられています。

要するに、多くの投資家が、国内よりも海外のバイナリーオプションを選択しているのです。

・口座開設が簡単

海外業者で口座を開設するのは少しハードルが高いと感じる方も多いかもしれませんが、実は海外業者でも簡単に口座を開設することができます。

手順としては、まず、口座開設を行いたい業者のウェブサイトにアクセスし、名前やメールアドレス、電話番号などの基本事項を入力します。主要な業者は日本語にも対応しており、漢字やひらがなで入力することも可能です。

あとは本人確認書類をアップロードし、承認されれば、すぐに取引を行うことができます。

書類を郵送する必要はなく、ウェブ上で全てが完結するので、開設の申し込みを行ってから早ければ即日で取引を行うことができるようです。

・ルールがシンプル

取引のルールがシンプルで分かりやすい点も、海外業者を選ぶべき大きな理由の一つです。

海外バイナリーオプションの取引では、現在の相場が一定時間後に上がるか下がるかについてのみ予想すればよく、ペイアウト率が2倍であれば「予想が当たれば約2倍に、予想が外れれば0円に」という仕組みです。

上がるか下がるかの予想が当たった場合、相場がどれだけ動いていたとしても、払い戻しはペイアウト率に沿って払い戻されるため、国内業者での取引のように相場の変動幅を気にする必要がないのです。

払い戻し率が固定されているということは、分かりやすいという点に加え、相場の動きが少ない時でも利益を上げられるというメリットもあります。

・十分に安全を確保できる業者で取引できる

海外業者でバイナリーオプション取引を始めることは簡単であり、大きなメリットが得られることはお分かりいただけたかと思いますが、実際に取引を行う上で気になるのが安全性でしょう。

国内業者は金融庁によって投資家保護が図られていますが、海外業者の場合はどうなのでしょうか?

結論からお伝えすると、海外業者の中でも顧客の資産保護を徹底している海外業者は安全であると言えます。

例えばハイローであればAA-に格付けされる銀行と取引をしているだけでなく分別管理を行い会社の運転資金と混同しないように動いています。

つまり、海外業者で取引する際はハイローのような業者を積極的に利用していくことが必要です。

これから海外業者が規制される可能性はあるのか

画像5

取引上の魅力が高い海外バイナリーオプションですが、もちろんこれから海外における規制強化の可能性もないとは言えません。

実際に、2018年にはEU(欧州連合)が投資家保護を目的にバイナリーオプション取引の全面禁止を発表した他、Appleなどの多国籍企業がバイナリーオプションの広告を禁止するという動きも出ています。

現時点では、今ある主要な海外業者での取引が行えなくなるような目立った規制の動きは見られませんが、今後の動向には注意が必要です。

まとめ

以上、バイナリーオプションにおける規制の内容とその影響についてご説明しました。

日本では規制導入によって利用者の保護が図られたものの、それにより国内業者でのバイナリーオプション取引は分かりづらく、利益を上げにくくなってしまいました。

バイナリーオプション取引においては、十分に安全を確保できる海外業者を選択しましょう。