バイナリーオプションでかかる税金を学ぼう

バイナリーオプションってなに?

バイナリーオプションでかかる税金について気になる方が多いと思います。とくに海外業者を利用されている方は、税金を払う方法に勝手が違うかもと心配ではありませんか?

実際に国内と海外の計算方法を比べると、あるカラクリが浮かび上がってきます

そこで、こちらでは、国内と海外のバイナリーオプションにかかる税金計算方法の違い紹介し、税金対策方法をお教えしたいと思います。

国内と海外における税金と税率の違い

バイナリーオプションは、1年間に20万円以上の利益を出すと税金を払う必要があり、そのため確定申告をする必要があります。

この税金は、国内バイナリーオプションであれば申告分離課税方式、海外バイナリーオプションであれば、その他所得と合計して総合課税方式で計算されます。

まずは、これらの課税方式の違いから見ていきましょう。

① 国内バイナリー:申告分離課税方式

申告分離課税とは、株式などで収入が得たとき、他の所得とは別に税額を計算し、確定申告を通じて納税する課税方式をいいます。

国内バイナリーオプションで利益が出た場合はこの申告分離課税方式がとられ、利益に20.315%の税率がかけられます。

例えば、1年間で100万円の利益が出たら、これに20.315%の税率(所得税15% + 住民税5% + 復興特別所得税0.315%)がかかり、20.31万円の税金を納める必要があります。

100万円(利益)x 20.315%(税率)= 20.31万円(税金)

国内のメリット:納税額を合算できる

申告分離課税方式には、「最大3年間」納税額を合算できるといった特徴があります。

例えば1年目の損益が-50万円、2年目の損益が+150万円だった場合、1年目は0円、2年目は30.4万円の納税が必要かと思われます。

1年目:-50万円 x 20.315% = 0円

2年目:150万円 x 20.315% = 30.4万円

しかしこれが、税法の改定によって、1年目と2年目の利益を合算した金額で納税ができるようになりました。

なので、上の例でいえば、-50万円 + 150万 = 100万円 x 20.315% = 20.32万円の納税で済むことになっています。

合算して申告できるので

-50万円 + 150万円 = 100万円 x 20.315% = 20.3万円

② 海外バイナリー:総合課税方式

総合課税方式とは、給与を始めとする様々な所得の合計額に、税率をかけて算出する課税方式をいい、確定申告を通じて納税が行われます。

総合課税方式の所得には、給与、雑所得(利子、配当、不動産) 一時所得(懸賞の当選金など)、事業所得(自営業による所得)と様々なものがあります。

そして、所得の合算から、所得控除額を引いた額に税率をかけた額を支払う

つまり「(所得の合計 – 所得控除額)x 税率 = 税金の合計」となります。

海外のメリット:所得で税率がかわる

海外バイナリーは、すべての所得を合わせて税率をかけるとご紹介しました。

そして、所得に応じてその税率が変わるのが海外のメリットです。

  • 所得に応じた税率
  • ~195万円 → 5%
  • 195万円~330万円 → 10%(控除額97.5万円)
  • 330万円~695万円まで → 20%(控除額42.75万円)
  • 695万円~900万円まで → 23%(控除額63.6万円)
  • 900万円~1800万円まで → 33%(控除額153.6万円)

上の情報からわかるように、給与所得やバイナリーオプションの利益が少ない場合は税率が低くなります。

国内と海外バイナリーオプションの違い

以上が国内と海外バイナリーの課税の違いです。

これをもう一度まとめると、国内バイナリーオプションは、利益に税率(20.315%)をかけます。

対する海外バイナリーオプションは、すべての所得を合算した額に、上で紹介した税率をかけて計算します。

それでは、実際に具体的に数字を当てはめて比較してみましょう。

年収を400万円とした場合の計算方法

ここでは、年収を400万円、バイナリーオプションの利益を200万円として、実際にかかる税金について計算していきたいと思います。

他の所得を得ていることも考えられますが、ここでは給与所得に絞って計算していきます。

国内バイナリーオプションの場合

国内バイナリーオプション

国内バイナリーでは、取引で得た利益を「① 申告分離課税方式」で、年間給与所得を「② 総合課税方式」で計算したものを合計します。

計算方法は以下の通りです。

① 400万円(所得)× 20% – 42.75万円(控除額)= 37.25万円

② 200万円(利益)× 20.315% = 40.63万円

① + ② = 77.88万円(税金)

海外バイナリーオプションの場合

海外バイナリーオプション

海外バイナリーでは、取引で得た利益と給与所得の合計を「総合課税方式」で計算します。

計算方法は以下の通りです。

① 400万円(所得)+ 200万円(利益)= 600万円

① × 20% – 42.75万円(控除額)= 77.25万円(税金)

以上からわかるように、年収とバイナリーオプションで得た利益との合計が「695万円未満」になるのであれば、海外バイナリーオプションの方が税金を安く抑えることができます

そのため、バイナリーオプションを副業やお小遣い稼ぎとして利用したい方は、少額の利益に対する税金が安くなる海外バイナリーオプション業者がおすすめです!

バイナリーオプションの税金は安くできる

ちなみに、バイナリーオプションで払う税金は安くすることができます。

税金を安くすると聞くと少し怪しい感じもするかもしれませんが、認められた公正なやり方であれば払う税金は少なくするに越したことはありません。

電卓や書類のフラットアイコン

まとめ

こちらでは、バイナリーオプションの税金の仕組みと計算方法をご紹介しました。

上でご紹介したように、国内と海外を比較した場合、収入が400万円以下であれば海外の方が断然お得です!

もし今まで国内を使っていたという方がいたら、今すぐ海外業者を使うことをおすすめします

ちなみに海外と聞くと不安という方もいると思いますが、そんな方は「ハイロー」を使ってみましょう。

もちろん日本語対応で、今なら口座開設、初回入金で5,000円のキャッシュバックが貰えます

今まで海外業者を使ったことがないという方、ハイローを使って絶対損はありませんよ!